go top


타이틀

icheon icheon city council

go top


사이드 메뉴

go top


외국어

  • 한국어
  • 中國語
  • english

맨위로 이동


기능 버튼

  • 프린트
  • 글자
  • 글자를 크게
  • 글자를 보통으로
  • 글자를 작게

go top


메인 메뉴

go top


City of culture flavored, ICHEON CITY COUNCIL, To reflect the valuable input of citizens for citizens Congress to be held and we’ll do our best.

议会沿革

第6代イチョン市議会201464第6代イチョン市議会議員選挙(9人)

公職選挙法第23条(自治区•市•郡議会の議員定数)に基づいて、イチョン議会議員9人(選挙区8、比例代表1)が2014年6月4日第6回全国同時地方選挙を通じて当選者を確定し、2014年7月2日第6代イチョン市議会が開院した。

第5代イチョン市議会2010年6月2、第5代イチョン市議会議員選挙(9人)

公職選挙法第23条(自治区•市•郡議会の議員定数)に基づいて、イチョン議会議員9人(選挙区8、比例代表1 )が2010年6月2日第5回全国同時地方選挙を通じて当選者を確定し、2010年7月2日第5代イチョン議会が開院した。

第4代イチョン市議会2006.5.31 第4代イチョン市議会議員選挙(9人)

公職選挙法第23条(自治区•市•郡議会の議員定数)の改正によって中選挙区制として改編に伴い、イチョン市議会議員定数が当初15人から6人に減った9人(選挙区8、比例代表1)に調整され、2006年5月31日第4回全国同時地方選挙を通じて当選者を確定し、2006年7月4日第4代イチョン市議会を開院することになった。

第3代イチョン市議会2002.6.13 第3代イチョン市議会議員選挙(15人)

公職選挙および選挙不正防止法第23条の改正によってプバル邑(人口3万以上)とチャンジョン洞(人口5万以上)の議員定数がそれぞれ1人が増員され、当初13名から15名に議員定数が調整され、2002年6月13日、全国で4代地方選挙が実施されて当選者を確定し、2002年7月8日第3代イチョン市議会の開院式を皮切りに、4年の任期を開始した。

第2代イチョン市議会1998.6.4 第2代イチョン市議会議員選挙(13人)

公職選挙および選挙不正防止法が1998年4月30日法律第5537号に改正さ公布され、当初議員定数14人からプバル邑選挙区で1人が減った13人に調整されており、全国で一斉に4代地方選挙が1998年6月4日に実施されて13人の当選者を確定し、1998年7月8日第2代イチョン市議会の開院を皮切りに、2002年6月30日までの4年の任期を行った。

第1代イチョン市議会1996 3 1 第1代イチョン市議会議員選挙(14人)

京畿道パジュ市など「5つの都市と農村の複合型施設地」等に関する法律第4994号に基づき、1996年3月1日、イチョン市昇格に伴い、同法附則第2条の規定により、第2代郡議員14人が身分承継されており、郡から市体制となり、1996年3月1日の開院式を持って議会組織と機構を新たに再編成した。

第2代イチョン郡議会/ 1995 6 27第2代イチョン郡議会議員選挙(14人)

1994年3月6日、韓国初の統合選挙法の「公職選挙および選挙不正防止法」が法律第4739号として制定、公布され、1995年6月27日知事選挙、市長/郡守選挙、道議選、郡議会議員選挙などの第1回統一地方選挙が全国で行われ、初代議会よりも1人が増員(ブバル邑選挙区)された14人の議員が当選し、1995年7月10日に開院し、任期は3年であった。

初代利川郡議会1991 3 26初代イチョン郡議会議員選挙(13人)

5.16軍事革命で中断された地方自治体は、その後30年ぶりに復活し、1991年3月26日の歴史的な基礎議会議員選挙を住民直接選挙で実施して13人の当選者を確定し初めて地方議会を構成することができるようになった。初代イチョン郡議会は、1991年4月15日の開院式を持って4年の任期を開始した。

1990年12月31日日地方自治法第8次改正公布(法律第4301号)

1991年5月16日軍事革命で地方議会解散

第3代邑•面議会1960 12 19 /第3代邑面議会議員選挙(125人)

1960年11月1日、新たに公布された法律第563号地方自治法によって実施された第3代邑面議会議員選挙は同年12月19日に実施された。今回の選挙の特徴は、選挙年齢が従来の21歳から20歳と低くなり、任期は1960年から1964年まで4年だったが、1961年5月16日の軍事革命で任期を満たさずに解散した。

第2代邑•面議会1956.8.8第2代邑面議会議員選挙(125人)

1956年7月8日第3次改正された地方自治法に基づいて、同年8月8日の残りの任期の既得権が認められた場所を除いて全地域で125人(自由党101、国民会議5、無所属19)が当選し、第2代邑面議会を構成し、任期は1956年から1960年までの4年だった。

初代邑•面議会1952.4.25初代邑面議会議員選挙(128人)

建国以来、韓国初の民選による地方議会が誕生した選挙は、市・邑•面•議会議員選挙で、1952年4月25日実施されて初代邑•面•議会が構成されており、当時初の区議会議員選挙は、管内11の選挙区で128人(自由党121、無所属7)が当選し、任期は4年であった。

1949年7月4日地方自治法制定公布(法律第32号)

COPYRIGHT(C)2014利川市議会。版権所有.